ご案内

ないとう整形外科クリニックご案内画像

診療方針

ないとう整形外科クリニック診療方針画像

整形外科は、頭と内臓を除いたほとんど全ての部位を治療するきわめて範囲の広い科です。
そのため整形外科の中でも、脊椎外科、関節外科、手の外科、リウマチ科、骨代謝、骨軟部腫瘍など、専門的に細分化されています。
開業医の役割は、その細分化され複雑になっている医学的知識を常に取り入れ、日々研鑽し患者さんに還元する事だと思います。
患者さんの症状には、もちろん重症から軽症まであるのですが、私の診療所ではその振り分けを行います。手術が必要な重症の患者さんは近隣の適切な医療機関と連携し、診療を進めてまいります。軽症の患者さんは最新の電気治療機器などを使いながら私が拝見します。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください。


診療受付時間

 
午前/8:30-12:00
午後/15:00-18:00

[休診日]水・土午後、日祝日
お盆とお正月は休診日となります。

診療科目

整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

当院の特色

  • 富士宮市立病院との連携
    在籍していた富士宮市立病院との連携を強化し、手術的治療が必要な患者さんの紹介はもちろん、MRIなど大型機械を用いる検査の予約を迅速に行います。逆に長期的な経過観察やリハビリが必要な患者さんは当院にて治療します。
  • ブロック治療
    腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の患者さんには、腰部硬膜外ブロック、仙骨ブロック、神経根ブロックを行い疼痛の緩和をします。
  • 骨粗鬆症診断
    全身用骨塩定量装置を用いて骨粗鬆症を含む骨代謝疾患の診断、治療を行います。骨塩量が低い患者さんには他の疾患が合併している場合があります。
  • リウマチ性疾患の治療
    変形性膝関節症の患者さんにはヒアルロン酸製剤の関節注射を行います。同時に薬物療法、運動療法、装具療法を加えトータルで治療します。
    関節リウマチの患者さんには、薬物療法を基本に治療し、最新の生物学的製剤も投与する場合があります。関節リウマチの治療は最近の進歩が著しく、予後は格段に良くなっています。関節破壊を未然に防ぐために積極的な治療をします。
  • 生活習慣病対策
    当院では生活習慣病の予防、改善のために最新のダイエット装置を導入しました。

院内の様子・設備など

骨塩定量
骨塩定量

骨粗鬆症の診断と治療に必要不可欠な装置です。市民病院などで導入されている機器と同程度の精度を持つ全身骨用の骨塩定量装置です。開業医での導入は県内でもごく少数です。

電子カルテシステム
電子カルテシステム

患者さんの貴重なデータを長期に保存し、継続的に診療するために取り入れました。会計も瞬時にでるため待ち時間の短縮にも役立ちます。

リハビリ室
リハビリ室

100平方メートル以上の広大なリハビリ室に2台のウォーターベッド、牽引装置、低周波、干渉波、マイクロ波、レーザー治療を含む最新のリハビリ設備を導入しました。

ダイエットエンド
ダイエットエンド

メタボリックシンドローム対策に導入しました。腰や膝に負担をかけず、効率よくカロリー消費をします。こちらは1回300円で予約制とさせていただきます。